イヤホンとヘッドホンの違いとどっちが音質が良く感じるか

イヤホンとヘッドホンの違いは形です(^_^;)

イヤホンは耳の中に入れて、ヘッドホンは耳の上に被せる形しています。そんなことを今更解説しても、みんな知ってますからくどくど書く気はありません。

イヤホン・ヘッドホンの音質や特徴、ぶっちゃけイヤホンとヘッドホンどっちを選んだ方が良いのか、費用対効果はどうなのかという点も解説します。

あくまでも私の主観です。これまでに使ったイヤホン・ヘッドホンも紹介してるので、イヤホン・ヘッドホン選びで迷ってる方は参考にしてください。

スポンサーリンク

イヤホンとヘッドホンの違い

ポイントはイヤホンとヘッドホンの大きさの違いです。

イヤホン・ヘッドホンに限らず、小さくするのには技術が必要ですし、同じ品質の製品を小さくすれば価格は高くなります。イヤホンとヘッドホンにも同じことが言えると思います。

イヤホンもヘッドホンも、内部のドライバーユニットという部分が音を出しています。このドライバーが、プレイヤーから送られた電気信号を振動に変換し、音として鳴らしています。

このドライバーユニットの大きさがヘッドホンとイヤホンでは大きく違います。

ヘッドホンの場合、サイズにもよりますが私が使っているオーディオテクニカ ATH-MSR7の場合φ45mmです。

オーディオテクニカ ATH-MSR7

イヤホンで最近主流のカナル型(耳栓型)の場合、ヘッドホンと同じダイナミック型ドライバでφ9mm~12.5mmくらいです。

45mmと12.5mmでは全然大きさが違いますよね?

ドライバーの大きさによる音質の違い

イヤホン・ヘッドホンにはマニアが沢山いるので、「ドライバが大きければ音が良い」なんて書くと、お叱りを受けそうですからもう一言付け加えます。

ドライバは小さいと高音が得意で、低音が苦手、大きいと逆に高音は苦手で、低音が得意という感じで、それぞれ得意不得意があります。

その特性の中で、素材や形状・バランスなど全体でバランスを取って「良い音」が出るように設計されています。

だから、ドライバの小さいイヤホンでも良い音が聞けますし、ドライバがデカいだけの安物ヘッドホンより遥かに優れています。

ただ、自分の感じた「良い音だな」と思うイヤホンとヘッドホンを比べた場合、2倍近くイヤホンの値段が高かったということです。

同程度の音質を求めた時、ヘッドホンの方が安いのは間違いないと思います。

イヤホンとヘッドホンの音質について

私がイヤホンとヘッドホンで大きく違うと思うのは、音場の広さです。

私が使っている▼SHURE SE535-V-Jというイヤホンと、

SHURE SE535-V-J

ヘッドホンのオーディオテクニカ ATH-MSR7、▼ゼンハイザー HD599だと、

ゼンハイザー HD599

圧倒的にヘッドホン2つの勝ちです。

ヘッドホンの2つだと、密閉型のATH-MSR7より開放型のHD599の方が音場が広いです。

ATH-MSR7でもSHURE SE535と比べれば、かなり広い空間で音が鳴ってる感じがします。

SHURE SE535もとても良い音してるんですが、頭の中でガンガン音が鳴ってる感じがします。

ヘッドホンの方が音場が広いので、定位も良いと感じます。イヤホンとヘッドホンでは楽器が鳴ってる位置が違って聞こえます。

解像度で言うとATH-MSR7が一番良いような気がします。SHURE SE535をバランス接続した時よりも解像度が良いと思います。

イヤホン・ヘッドホンどっちが良かったか

イヤホンはウォークマン純正から↓こんな順番で使ってきました。

  • PHILIPS SHE9712
  • ONKYO E700M
  • ソニー XBA-300
  • SHURE SE535-S-V

▼ONKYO E700M
ONKYO E700M

▼ソニー XBA-300
ソニー XBA-300

SHE9712が2,000円そこそこ、E700Mが9,000円くらい、XBA-300が25,000円くらい、SE535が45,000円くらいです。

改めて価格を調べると、高いですね(^_^;)

どんどん高価なイヤホンに乗り換えてます。もちろん、高価な方が良い音だと感じています。

ヘッドホンはというと、イヤホンのSHURE SE535-S-Vをしばらく使ってから、ある日突然ヘッドホンが気になって買ったのがこの2つです。

  • オーディオテクニカ ATH-MSR7
  • ゼンハイザー HD599
ATH-MSR7が26,000円くらい(今価格.comを見たら、最安値が18,800円でした(>_<))、HD599が24,000円くらいです。

イヤホンのSE535より遥かに安いです。

で、最近どれを使っているかというと、主に密閉型ヘッドホンのATH-MSR7で、周りが静かな時は開放型ヘッドホンのHD599、滅多にSE535は登場しません。

そう言うことです。

ヘッドホンの方が音が良いというか気に入ってるんです。

ATH-MSR7は低音が弱いですが、高音がキラキラしてて楽器の音がきれいに響いて解像度も高いしとても気に入っています。

HD599ATH-MSR7より低音もあって厚みのある音が素晴らしいです。開放型なので音場が広くて良いんですが、開放型で周りがうるさいと全部耳に入ってしまうのが難点です。

この二つとSE535を比べると、明らかに音場の狭さが気になります。頭の中のピンポイントで音が鳴ってる感じがします。こもってる感じではないんですが、音がギュッと凝縮して頭に響くので、長く聴いてると疲れるんです。

解像度は高いし、一つ一つの音もとてもきれいなんですが、ヘッドホンと比べるとやっぱりヘッドホンの勝ちです。

となると、価格差の2万~2万5千円というのが問題になります。SE535を買う金額でATH-MSR7とHD599両方買えちゃいますからね。

私はイヤホンとヘッドホンならヘッドホンが良いと思います。同じ金額を出すなら、圧倒的にヘッドホンの方が音が良いと思います。

e-イヤホン EST梅田店

▲e-イヤホンに行くと、いろんなイヤホン・ヘッドホンを聴き比べられます。実際聴いて比べるのが一番だと思います。

私はイヤホンを買い替えてた頃、ヘッドホンは眼中になく試聴もしたことありませんでした。それが結果的に遠回りした要因です。

イヤホンも10万円クラスだとまた違うんでしょうが、とてもそこまでは出せません(^_^;)

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)