長崎のバイオパークが意外と楽しい動物園な件

長崎の動物園 バイオパークが意外とって言うと失礼なのは承知で、意外と楽しいです。動物園というと自治体運営のものが圧倒的に多い中、私立で運営する数少ない動物園です。長崎市内からだと車で小一時間かかる西海市にあり、西彼杵半島の東側(大村湾側)です。

スポンサーリンク

長崎 バイオパークのここが面白い!

まず、入り口のチケット売り場前で出迎えてくれるのが、インコとラマです。入園料は大人1,700円、中高生1,100円、3歳~小学生が800円で、公営と比べると結構高いです。

この時点で、既にハードルが上がっちゃうわけですが、バイオパークは他の動物園にはない魅力がたっぷりなので、高い入場料分を補って余りある満足感を感じられます。

長崎バイオパーク 入口

身近に触れ合える動物が多い!

メインキャラのカピバラをはじめ、マーラ、フラミンゴ、オオカンガルー、リスザルなど、実際に檻に入って触れ合う事が出来ます。↓これはカピバラで、冬は露天風呂にも入ります。

カピバラ

個人的に好きなのはオオカンガルーで、近づく気さえあれば触れる距離まで近寄れます。バイオパークほど間近にカンガルーが観られる動物園を他に知りません。

檻には入れなくても、アメリカビーバー、コツメカワウソ、フンボルトペンギン、ヤマアラシなどが、身近に見られるように展示されているのが、長崎 バイオパークの良いところです。

ミーアキャット

↑ミーアキャットは仕草が面白くて、ついついいっぱい写真を撮ってしまいま。
↓こちらはフラワードームの蝶です。

フラワードーム

半日あればぐるっと1周十分に楽しめます。ライオンやトラなどの猛獣系は居ないし、ゾウも居ません。それでも、身近に感じられる動物は、最大限まで近づけるように展示方法がよく考えられてると思います。ここで紹介できる写真はごくわずかですし、中々長崎 バイオパークの魅力を出しきれていません。次に長崎へ行ったら、必ずバイオパークは旅程に入れておきます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)