LCC(Jetstar)の座席広さを比較しました。

Jetstarが私が始めて利用したLCCです。人より少し大柄で、ただでさえ飛行機の座席が狭く感じる私にとって、世間でよく言われる「LCCは座席が狭い」という噂が、利用にブレーキをかけてました。

スポンサーリンク

LCC(Jetstar)の座席はやっぱり狭かった件

Jetstar 座席広さ

今回は噂に惑わされず、実際に乗ってみようと思い、新千歳 – 関空便に乗りました。乗った率直な感想は、「やっぱり狭かった」です。

それでも膝の前にポケットを付けず、背もたれ上部につけることで、足元を広くしようという工夫は感じました。ただ、私の場合それでも常に前の背もたれに膝が接している状態で、なかなか大変でした。ちなみに、身長186cm/体重76kgで、足はやや長めの体型です。

他の航空会社・新幹線との座席広さ 比較

スカイマークも決して座席が広い方じゃありませんが、上の写真と見比べて、明らかにJetstarよりスカイマークの方が広いです。

スカイマーク 座席広さ

膝の前にシートポケットがありますが、余程前の人がリクライニングしない限り、あたることはありませんし、乗り込んだ時「えっ?狭くない!?」と思ったJetstarに対し、スカイマークにはそういう印象はありません。

他の航空会社と比較して初めて分かるスカイマークの快適さです。

↓これは新幹線のぞみの指定席です。グリーンじゃなくて普通の指定席でこの広さは衝撃的でした。膝の前に薄めなスーツケースだったら置けるくらいのスペースがあります。

新幹線 のぞみ 座席広さ

新幹線と比べるのは、空と陸とで土俵が違うのでフェアじゃないかもしれませんが、写真で見比べて初めて分かる差というか、新幹線がいかに快適なのかが分かります。

Jetstarも、膝は触りますが、乗れないわけじゃないので、これからも利用させて貰います。というわけで、座席広さの比較でした。

この時は、西日本を短い日程で飛び周る出張でしたので、色んな地方を飛行機、新幹線、私鉄、バスなどで巡りました。普段車移動が多いので、偶に公共交通機関を多用すると、色々面白いですね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)