ZOOM505 HAVANNAの感想・レビュー

トンボ鉛筆のZOOM505 HAVANNAを買いました。ボールペンはボールペンでも、ローラーボールと言われる水性インクのボールペンです。

まだ1本もローラーボールを持ってなくて、「欲しいな」と思ってたとき、趣味の文具箱 Vol.34の岩松 了さんのインタビュー記事を見て決めちゃいました。太軸で重量感があり、ノック式ではないキャップ式で、唯一無二のデザインにビビッときました。

趣味の文具箱 Vol.34

スポンサーリンク

ZOOM505は太くて重い、、、そこが良い!

ZOOM505は、レギュラーラインの油性・水性・シャープペンと、私が買った水性ボールペン(=ローラーボール)のHAVANNAがあります。レギュラーラインは定価2,000円ですがHAVANNAは5,000円です。私はAmazonでもう少し安く買えました。

ZOOM505 HAVANNA トータスシェル

太さは軸の部分が約13mm、ラバーグリップ部分が約11mmです。素材はアルミニウム塗装仕上げで、私は安っぽさは感じません。軸は太いですがグリップ部分は普通のボールペンと大差ないです。

重さは33.4gで、ジェットストリームの0.5mmスタンダードタイプの9.3gと比べると3倍以上重いです。この重さと軸の太さが、持った時の安定感になります。ペンの自重だけで書けるので、軽いペンより書き易いし疲れません。

0.7mm ローラーボール(BK-LP05)は線が太すぎる、、、

ツバメノートに試し書きしてみました。

ZOOM505 比べ書き

7mm罫線に収めるのが限度かもしれません。それくらい太いです。とても手帳などには使えません。水性インクなんで独特の風合いがありますが、若干の滲みがあります。

上がZOOM505 HAVANNAで、下がカランダッシュ アルケミクス(ゴリアット F)です。

ZOOM505 BK-LP05 試し書き

書き味は感動的なほどの滑らかさです。このヌラヌラ感は細字の万年筆よりもヌラヌラです。殆ど筆圧を掛けなくてもすらすら書けます。「ローラーボールってこんなに心地いいんだ!」と感動しました。

ただ、私が常用するには少々太すぎるので、0.5mmの替え芯に替えようと思ってます。また0.5mmが届いたらまたレポートしますね。

また1本素晴らしい筆記具を手に入れて大満足です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)