ピュアモルト プレミアムにジェットストリームを使う方法

ピュアモルト オークウッド・プレミアム・エディション(SS-2005)ってご存知ですか?

↓写真上側です。
ピュアモルト 比較

三菱鉛筆(uni)のボールペンで、以前紹介したピュアモルト(↑写真下側)のワンランク上のボールペンです。色の違いだけでなく、少し太くて重いです。

というのも、細い方のピュアモルトを買った時、その細さと軽さが気になったんです。

高級ボールペン 男性におすすめのコレを紹介
高級ボールペン 男性におすすめの1本を紹介します。モンブランとかパーカー、クロスなどド定番のブランド 高級ボールペンはちょっ...
マツヤ万年筆病院は県外からも行く価値あり!
マツヤ万年筆病院は長崎市 浜町にある老舗文具店です。いつか行きたいと思ってたのが、帰省のタイミングでようやく念願が叶いました...

普段↑この辺のアウロラやカランダッシュのボールペンを使ったり、万年筆を使ってたので、軽過ぎると手が余計な動きしちゃうんですよね。それで買い足したのがオークウッド・プレミアム・エディション(SS-2005)です。

前置きが長くなりましたね、、、。

今回は、オークウッド・プレミアム・エディション(SS-2005)にジェットストリームの芯を入れて使う方法です。ジェットストリームのヌラヌラ感が好きなんで、、、。

スポンサーリンク

SS-2005とSS-1025はリフィルが違う(>_<)

前回加工したSS-1025と同じなら簡単なんですが、今回のプレミアム・エディション(SS-2005)は、メーカーが何を考えてるのか知りませんが芯が違うんです。

ピュアモルト プレミアム リフィル

↑写真一番上がSS-2005の純正リフィル(SJ-7)です。途中から太くなってる変な形してます。ジェットストリームに対応した替え芯が無いので、この部分を加工しなきゃいけません。

そこで用意したのが、写真の真ん中のがジェットストリームの替え芯SXR-89-07で、一番下がプラスチックの管です。プラスチックの管はタミヤの↓この商品です。

ピュアモルト プレミアム 改造パーツ

ジェットストリーム リフィルの加工法

加工は簡単です。この3ステップです。

  1. プラスチックのパイプを、純正芯の太い部分と同じ長さでカットする。
  2. 純正芯と同じ位置でボンドで固定する。(芯に薄くボンドを塗ってパイプに差す)
  3. はみ出した上の部分を切る

すると↓こうなります。

ピュアモルト プレミアム リフィル 加工前後

あとは元通り組み立てるだけです。

ピュアモルト プレミアム 改造後

書いていて芯が動いたりずれたりすることは全くありません。完璧です。

ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション)

太さはちょうどいいんですが、欲を言えば、もう少し重かったらよかったです。キッチンスケールで計ってみたら、プレミアムとノーマルの差は3gでした。ついでにもう一言、、、

「上下の金属部分は艶消しでしょ!」

結局は↓これになるのかもしれません。

これならパーカー互換のボールペンで、面倒な加工もせずジェットストリームが使えるようになります。やっぱり欧米ブランドのボールペンはデザインが秀逸です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)