ペリカン 万年筆のM800の評価が高い理由

ペリカン万年筆のM800は、万年筆を1本、2本と買って使って沼にハマり始めると、その評価の高さからネットでも本でも目にする機会が非常に多い万年筆です。

他でもない私もLAMY safariで始まり、国産を3、4本買って、「さぁ次は舶来ブランドだ!」と思ったときに買ったのがM800でした。モンブランも一瞬頭をよぎりましたが、「流石に高すぎるだろう」とスグに諦めました。その点、M800は買えないほど高くなかったんです。

スポンサーリンク

M800は軸の太さ・重さ・バランスが素晴らしい!

ネットや本でM800の評価を読むと、大概「バランスが良い」と書かれています。買うまで「みんな同じような事書きやがって」と思ってましたが、実際に持つと「バランスが良い」と書きたくなるんです。

私はペン先に近い方を持ってやや立て気味に持つ癖ですが、もう少し上を持って寝かした方が、よりバランスが良いと感じます。

ペリカン M800 バランス

ペンの自重が程よくペン先に乗って、自分の力は殆ど必要ありません。こういう万年筆を使うようになって、軽すぎる国産ボールペンだと線が乱れるようになりました。要は、ペン自体が軽すぎるんです。軽くてもインクの出が良いからフワフワっと線が踊ってしまうんです。

ちょっと話が脱線してしまいましたね。

M800はペン自体の重さでペン先がブレないから、締まりのある線が書けると思います。

華美じゃない程よい飾りがドイツブランドらしく実用的

いい値段しますから、あっさりし過ぎてても物足りないし、かといって華美な装飾は実用の妨げになります。ペン先は割と大き目の18金製 バイカラー仕上げです。F(細字)ですが国産のM(中字)くらいの太さでした。

M800 F ペン先

私は細めが好きなので、名古屋のペンランドカフェさんで調整してもらいました。もちろん有償です。それで↓ここまで細く書けるようになりました。これまで使って相性の良いと感じたインクは、PILOT 純正ブルーとモンブラン ミステリーブラックです。

スーベレーンM800 F 試し書き

何本もある万年筆の中で、アレを使ったりコレを使ったりとっかえひっかえしていますが、常にデスクにあるのがM800です。使えば使うほど愛着がわいてきます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. すっかり国産好き より:

    初めまして。
    私は1本目にM800を選んでしまいました。
    縞々が気に入ったものでつい…。
    同じくFを買いましたが国産のBに迫る太さです。
    おかげで普段使い用に国産万年筆が増殖してしまうハメに。
    フォルカン楽しいです。

    • lifefullさん より:

      >すっかり国産好きさん

      コメントありがとうございます。本当にペリカンのFは太いですよね。
      ビックリしました。でもバランスとか軸の太さ・重さが私にピッタリです。

      私は逆に最近増えた国産を減らしています。使わない万年筆が手元にあると心苦しくて。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)