カクノの次の万年筆はSafariじゃないと思う件

カクノが万年筆 初めの1本という方は多いと思います。

800円そこそこで買えるし、その安い値段を感じさせない書き味が気に入り「カクノの次は何にしよう?」と悩んでませんか?私は、自身10本目でカクノを買ったので、その経験も踏まえて【カクノの次の1本】を提案したいと思います。

カクノ 中字(M)

私のカクノの感想はコチラ↓

カクノは細字より中字の方が万年筆らしい
カクノは2013年10月に発売されて約1年半経ちましたが、まだまだ文房具屋のレジ横にある人気商品です。デジタル機器全盛の昨今...
スポンサーリンク

カクノの次が【LAMY safari】ではないと思う理由

カクノが発売される前、万年筆の最初の1本と言えばドイツのLAMY safariが定番でした。万年筆らしからぬデザイン・カラーリングに程よい値段、それでいて書き易くて人気でした。

安いショップだと2,000円前後で買えちゃいます>>>楽天でLAMY safariの価格をチェック

LAMY safari

他でもない、私の最初の1本はLAMYでした。↑手前側のアクアマリンが私のです。

じゃ、なぜカクノの次がsafariじゃないのか、、、って話です。それは両者が、同じ鉄ニブ(=ペン先が金じゃない)で、本体が非常に軽く、硬めな書き味だからです。恐らくですが、カクノの次にSafariを手にしても、最初にカクノで書いた時ほどの衝撃は無いと思います。

折角買うなら、「お~!良い!」と思える万年筆を買いたくありませんか?

あくまで個人的な意見ですが、次は金のペン先で、それなりに重量感のある軸の万年筆が良いと思います。

国産のパイロット・セーラーの定番ラインがおすすめ

舶来ブランドと国産だと、同じ質を求めると国産の方が安いのは明らかです。カクノの次にいきなりモンブラン買う人はいないと思いますが、舶来ブランドは商品そのものの他にブランドにお金を払ってる感も大いにあります。

というわけで国産ブランドから選ぶわけです。国産大手はパイロット・セーラー・プラチナがあります。そこからなぜプラチナを外すかというと、プラチナの定番ラインのセンチュリー #3776は、金のペン先でも書き味が固めでフローが渋い特徴があります。

その点、パイロット・セーラーはプラチナと比較して柔らかめでインクの出も潤沢です。

パイロットだと、カスタム74、カスタムヘリテイジ91で、

セーラーだと、プロフィット スタンダード、プロムナードです。

全部定価は10,000円~12,000円ですが、Amazonなら7,000円~8,000円台で買えます。ペン先は細字か中細字くらいがいいと思います。極細はヌラヌラした万年筆らしさが楽しめないし、中字や太字は正直言って日常生活で使う機会がありません。

カクノの次の万年筆でステップアップするなら

「7、8,000円って高いな、、、」と思うでしょうが、「カクノの次の万年筆」と思うならこれくらいの出費は覚悟しましょう。「safariくらいでいっか」と思うなら極端な話、買わなくていいと思います。そのままカクノを使っててください。

国産のこのラインの万年筆なら、保証も受けられます。書き味が気になるときの調整や、場合によってはペン先交換も対応してくれます。購入後気になるなら早めにメーカーに連絡しましょう。

偏った意見かもしれませんが、kakunoの次の万年筆探しの参考にしてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)