カクノは細字より中字の方が万年筆らしい

カクノは2013年10月に発売されて約1年半経ちましたが、まだまだ文房具屋のレジ横にある人気商品です。デジタル機器全盛の昨今、文房具で健闘してる稀有な存在です。価格は1,080円で万年筆としては最安クラスですが、筆記具として考えると決して安いモノではありません。

カクノ 中字(M)

なぜそんなに売れるのか、、、試しに1本買ってみました。ちなみに、カクノの他に万年筆を9本持ってる若輩者万年筆フリークです。

スポンサーリンク

カクノの中字(M)の書き味は声が出る!

カクノの中字を買って、POPなパッケージを見て、開けてペンを手に取り軽さを感じ、ペン先のニッコリマークに苦笑しつつ、付属のカートリッジを挿してインクが出るのを待ってました。ハッキリ言って、価格が価格だけに全く期待していませんでした。

普段コンバーターや回転吸入式の万年筆を使っているので、カートリッジを挿してからインクが出るまで「こんなにも時間がかかるんやろか、、、」と若干イライラしつつ、最初の一筆を書いた時思わず「えっ!?」と声が出ました。

カクノ 中字 試し書き

そのヌラヌラ感は半端じゃないです。紙の上を音も無く滑る感覚です。筆圧は全く必要ありません。普段細字(FやEF)を好んで使っているので、10倍以上の値段するものでも多少の引っかかりというか、カリカリ感があります。それがカクノの中字には全くありません。本当にびっくりしました。

フローも程よく、太いながらもシャープな線が書けました。

ちなみに紙はツバメノートのOEM Thinking Power Notebookの5mm方眼です。中字だと5mm方眼内に漢字を納めるのはキツイです。持つ部分の形も考えられていて、自然とキレイな持ち方になるようになっています。

カクノ 形

というわけで、カクノを買うなら中字がおすすめです。万年筆らしいヌラヌラ感を存分に味わえると思います。中字はハガキや封書の宛名書きにピッタリな太さですよ。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)