万年筆インクの耐水性 やっぱり青墨が凄かった件

万年筆のインクの耐水性をテストしてみました。まだまだ手持ちのインクが少ないので、ショボイですが自分的にはなるほど~!という結果が出ました。テストしたのは以下の6つです。

  1. パイロット 純正ブルー
  2. セーラー ナノインク 青墨
  3. パイロット 色彩雫 天色
  4. ペリカン 4001 ブルーブラック
  5. アウロラ ボールペン
  6. パイロット 純正ブラック

紙は何の変哲もないルーズリーフの紙で、薄い容器に水を張り、半分だけ水に浸しました。6つ中4つは浸けた瞬間から大きく滲み始めました。

万年筆 耐水性テスト

スポンサーリンク

パイロット 純正ブルーの耐水性は期待外れでした

今回の耐水性テストで、一番期待してたのは青墨ではなく、パイロットの純正ブルーでした。でも結果は、色彩雫よりはいいけど、予想外に流れて薄くなってしまったという結果です。

結構、いろんなブログでパイロット 純正ブルーの耐水性は凄いと評されていました。紙の種類や、書いてからの時間など色んな要素があるので一概には言えませんが、期待外れでした。

万年筆 耐水性テスト結果

パイロット純正ブラックもブルーと似たり寄ったりでした。

耐水性がゼロなのは、パイロット 色彩雫 天色とペリカン ブルーブラックでした。宛名書きには使わない方が良いかもしれませんね。ほぼキレイさっぱり消えました。強いて言えばペリカンブルーブラックの方がましです。ブルー系が消えてブラックが薄ら残る感じです。

やっぱりセーラー ナノインク 青墨が凄い

セーラー ナノインク 青墨

これはある意味期待以上でした。水に浸しても全くにじみません。アウロラの純正リフィルの油性ボールペンと同等の耐水性を有しています。顔料インクは、頻繁に使わないと乾燥して詰まるし、洗浄も水だけよりもインククリーナーを使った方が良いし、何かと面倒ですがその耐水性は流石の一言に尽きます。

1本は顔料インク専用の万年筆を持ってても良いかもしれませんね。私は今、Lamy safari EFを青墨用にしています。宛名書きには、カクノの中字でも良いかもしれません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. mot ya より:

    ぺりかんの4001は古典インクではありません16年11月現在です。ペリカンの日本企業でも私の実験(1週間後、流水)でも確認してます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です