ほぼ日手帳とトラベラーズノート 比較した結果

ほぼ日手帳とトラベラーズノートを比較してみました。

私は約2年トラベラーズノートを使っています。リフィルは週間+メモです。見開き左側に1週分のスケジュール、右側は方眼メモというスタイルです。非常に使いやすくて、シンプルで気に入ってました。

トラベラーズノート 週間+メモ

別に、トラベラーズノートに不満は無いです。

でも、よく聞くほぼ日手帳がどんなものか気になってしまったんです。そこで、トラベラーズノートと形が似てるほぼ日手帳 WEEKSを買ってみました。

という流れで、トラベラーズノートとほぼ日手帳を比較した結果を紹介します。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳とトラベラーズノートのサイズ

まず大きさですが、ほぼ日手帳WEEKSの方が明らかに小さいです。

ほぼ日手帳 トラベラーズノート 大きさ

上の青の濃い方がほぼ日手帳WEEKSで、下がトラベラーズノート 週間+メモリフィルです。

ほぼ日手帳WEEKS トラベラーズノート
縦×横 187mm×95mm 210mm×110mm

数字は買う前に知ってましたが、実際に比較すると、より小さく感じました。

ほぼ日手帳 トラベラーズノート リフィル

日付と曜日の他に、月齢のイラストと六曜(日取り)も書いてあるのがほぼ日手帳です。サイズが小さいので、ほぼ日手帳WEEKSの方が、トラベラーズノートより全体的にギュッとコンパクトになった感じです。

右側の方眼は、ほぼ日手帳が3.45mmで、トラベラーズノートが4mmです。たった0.55mmの差ですが、かなり小さく感じます。そして、ほぼ日手帳の方が紙が薄いです。

ほぼ日手帳にトラベラーズノートのカバーは使えるか?

ほぼ日手帳WEEKSにトラベラーズノートのカバーが付くかな~?と淡い期待を込めて買ったんですが、↓こんな感じです。

ほぼ日手帳 トラベラーズノート カバー

僕的にはナシですね。

ちょっと小さすぎます。留めるゴムの力で革の余った部分が折れ曲がってしまいます。やはり専用カバーを流用するというのは無理がありますね。

ほぼ日手帳・トラベラーズノート 紙質を比較

私は万年筆も使うので、インクの裏抜けが気になりましたので試してみました。

▼ほぼ日手帳
ほぼ日手帳 裏抜け

▼トラベラーズノート
トラベラーズノート 裏抜け

どちらも、万年筆の水性インクが滲むことは無いです。

でもほぼ日手帳の方が紙が薄いので、透けて見えます。裏抜けというほどじゃないですが、私は「ちょっと気になるな~」と思いました。

結果

私は、トラベラーズノートが良いなと思いました。先にトラベラーズノートを使っていたからだと思いますが、小ささが気になります。

方眼に合わせて字を書く方なんで、4mmより小さくは書けないと思いました。

それと髪の薄さです。裏写りがやっぱり気になります。

というわけで、2016年もトラベラーズノートにします。私のようにどっちかで悩んでる方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)