パイロット カスタムヘリテイジ92は魅力満載

パイロットのカスタムヘリテイジ92は、インクが綺麗に見えるスケルトンで、尚且つスクリュー式でインクが直にキレイに見えます。

今の一般的な万年筆は、ペン先にインクの入ったカートリッジをさすか、コンバーターというインクを吸入する部品をさして使います。カスタムヘリテイジ92の場合、吸入機構がペン軸に備わっていて、コンバーターを使わなくてもペンだけでインクを吸入できます。

カスタムヘリテイジ92 パッケージ

私は、何本か万年筆を持ち始め、降って沸いたようにスケルトン万年筆が欲しくなりました。そして今回のカスタムヘリテイジ92ペリカン M200 デモンストレーターで悩む、、、そして結局両方買うという結末でした。ちなみに私はAmazonで買いました。

スポンサーリンク

スケルトンという見た目だけじゃない実力派の万年筆

カスタムヘリテイジ92とペリスケ(ペリカン M200 デモンストレーター)2つのスケルトン万年筆を使ってみて思ったのが、「やっぱりパイロットは凄い。」という感想。

価格的にも似たり寄ったりな2つですが、ペリスケはペン先が鉄なのに対し、カスタムヘリテイジ92は14金。言わずもがなですが、明らかに書き味が違います。

カスタムヘリテイジ92

ヌラヌラしたソフトで万年筆独特の書き味は、やっぱり金ペンだからなし得るものだと思います。書き味もそうですが、ペン先の造形もカスタムヘリテイジ92の圧勝です。全体的な作りの細かさも、パイロットの方が良いと感じました。

FM(中細字)はこんな感じです↓
カスタムヘリテイジ92 FM 試し書き

軸は太すぎず、細すぎない径で、程よい重さ、、、見た目のインパクトだけじゃなく万年筆としての実力も兼ね備えています。いわゆる万年筆らしいデザインではないので、大学入学や就職祝いなどで若い人にプレゼントしても喜ばれる万年筆だと思います。そして、長く使える万年筆です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメント

  1. 元ステージア より:

    はじめまして。
    私も最近ヘリテイジ92(透明)Mを買いました。
    太めの字を書きたかったのでMにしたのですが、インクフローが
    良すぎて1サイズ細くても良かったかなと思っています。
    書き味は紙を削っていくような感じgoodです。
    西(M)も持っていますが、正反対で滑るような感じで異なる
    性格で、お互い良いです。
    ブログ拝見しておりますので、これからもよろしくお願いします。

    • lifefullさん より:

      >元ステージアさん

      コメントありがとうございます。

      実は私も最初はMを買いました。でも私の使う範囲では太すぎて、PILOTに送って中細にペン先交換しました。結構費用は掛かりましたが、満足してます。

      私の3776はカリカリしてる感じなので、個体差って大きいんですね。

      今後とも暇つぶしにでも読んでいただければ幸いです。

    • 元ステージア より:

      2ヶ月ぶりのコメントです。
      その後なのですが、実は私もMサイズでは使いづらくなってきて、私もペン先交換をお願いしました。現在FMに生まれ変わっています。細くなり、少しカリカリするかなというレベル。
      色彩雫の深緑使っていますが、結構にじみやすいですね。緑が好きなので、次の緑は
      どこにしようか思案中です。
      お奨めあれば、教えてください。

      • lifefullさん より:

        >元ステージアさん

        コメントありがとうございます。

        緑のインクはほとんど使ったことがなく、おすすめできる程の経験がありません。

        私も色彩滴は滲みやすさを感じます。その点パイロットの純正ラインと
        モンブランのミステリーブラックが良い感じで、最近よく使っています。

        緑の話じゃなくてすいません。

  2. suley より:

    3776の時はお世話になりました。
    3776EF、M800F、プロギアMという布陣です。ラミー少々。

    カスタム74Fは、色雫インクと共に、妻の誕生日にプレゼントしてしまいました。
    調整に出して、かすれもなくサリサリ、丁寧に書くには快適なのですが、どうも自分は自重でスイスイ書ける万年筆の方が好みのようです。それに少し字が細い。長時間書いていると、疲れます。パイロットの個性でしょうか?それとも字幅が細いから?
    (3776は、極黒を入れて、ピンポイントで書類ように使用してますので、住み分けてます。)

    そこで、最後の買い物として「中細」の購入を考えています。
    パイロットのFMとプロギアスリムのFMをお持ちのことということですので、
    書き味の違いはどうですか?個人的には、FMの細さでプロギアMのようにスイスイ書ける
    ものを望んでいます。参考までに教えてください。

    • lifefullさん より:

      >suleyさん

      返信が遅くなり申し訳ありません。

      もう購入されていたら参考になりませんが、プロギアスリムのFMとカスタムヘリテイジ92のFMは全然太さもインクフローも違います。プロギアスリムの方は、最初渋くてかすれるので、メーカー保証で調整してもらいかなりフローがよくすいすい書ける代わりに、かなり太くなってしまいました。その点、パイロットの方は僕的に程よい太さで、フローもちょうど良く気に入ってます。

      調整の仕方如何だと思いますが、私の手持ちはスイスイ書けるのはプロギアスリムで、FMらしい程よい太さなのはパイロットです。

      参考になれば幸いです。

  3. suley より:

    ありがとうございます。もう購入してしまいました(笑)
    結局パイロットのカスタム91のSFMにしました。コンバーターが余っていたので。

    実際にお店で触れてみて、セーラーの中細は優秀で、自分には合っているのですが、自分のプロギアのM字とあまり太さが変わらなかったのと、あえて好みのニブより、少し癖のあるニブを購入した方が、使い分けられると判断したからです。結果、大正解でした。

    そうそう、セーラーの万年筆が最初右から左、下から上で特に掠れるのは、結構普通みたいで、しばらく使用するとインクの出が良くなるみたいです。自分もプロギアの時にメーカー調整にすぐに出してしまいましたが。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)