キントー(KINTO)コーヒーカラフェが最高な件

キントー(KINTO)のコーヒーカラフェを知ったのは、Facebookで知人がシェアしてたリンクです。存在を知って数か月、、、手元には壊れていないコーヒーメーカーがあるし、ペーパーフィルターも無くならないし、キントーのコーヒーカラフェっていい値段するし、、、と購入に踏み切れない日々を送っていました。

結局、コーヒーメーカーはハードオフに10円で引き取られ、ペーパーフィルターも数十枚残っているという、なんとも中途半端な状態でKINTO コーヒーカラフェへ移行しました。

スポンサーリンク

KINTO コーヒーカラフェは、機能美溢れる逸品!

KINTO コーヒーカラフェセット 600ml(SCS-04-CC)

美しいですね~。カラフェ(=水差し)に、ピッタリサイズのステンレスフィルター、フィルターを置くホルダーの3点セットです。全部重ねられるので、コーヒーメーカーより絶対にコンパクトです。そして非常に軽いです。耐熱ガラス製のカラフェも薄く軽く作られています。

とても美しいフォルムで惚れ惚れします。

ちなみにこれは600mlサイズです。300mlサイズもあるので一人暮らしの方はそっちを…。

ステンレスフィルターの出来が素晴らしい!

エコとかあんまり興味ないし、ペーパーフィルターを買って使う事になんの抵抗は無いんですが、買い忘れた時の絶望感がいつも嫌でした。いつもついでで買うから2回連続で忘れることもしばしばでした。結局フィルターだけを買いに走る、、、というパターンです。

ペーパーフィルターレスのドリッパーを探していたんですが、KINTO コーヒーカラフェの前に買ったKINTOのFAROってドリッパーは、異常に落ちるのが遅くて使わなくなりました。

その点、コーヒーカラフェはペーパーフィルターに近い絶妙なスピードで落ちてくれます。

コーヒーカラフェ

蒸らしの時も、しっかり水分を保持して豆が膨らむのを見られます。淹れたコーヒーの味もバッチリです。ちょうどコーヒーメーカーとコレの移行期にコーヒープレスで淹れてたんですが、ちょうどその中間くらいの味です。

コーヒープレスでの淹れ方 意外と簡単な使い方
コーヒープレスでの淹れ方を紹介します。ペーパードリップが名実ともに主流なコーヒーの抽出法になってますが、実はコーヒープレスの...

コーヒープレスほどワイルド感は無いし、油も浮かない。でもペーパーほどサッパリしていない感じ。とても美味しいです。

コーヒーカラフェ 実演

久しぶりに、買って期待値以上に良かったと思える品でした。

最近の買い物は、ネットでレビューとか見るんで、ある程度自分の感動も想定できちゃいますので、手にしてから「うぉ~、これや良い!!」と感動する事って少ないです。それが、コーヒーカラフェに関しては、「これは素晴らしい!!」と何度もつぶやいてしまいました。

見た目、収納性、使いやすさ、ドリップのスピード、コーヒーの味、洗い易さ、、、どれをとっても満点です。私はこういうドリッパーを探していたんですというドリッパーでした。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)