MUR1601N(マキタ)電動草刈り機の感想&レビュー

マキタの電気草刈り機を買っちゃいました。品番がMUR1601Nの充電式じゃないコード式の電動草刈り機です。

MUR1601N

エンジン式が主流ですが、庭は狭いし、エンジン式だとチェーンオイルとかガソリン、混合燃料を買って保管することを考えると、「面倒だし可燃物嫌だな」と思って電動式にしました。

買ったのはもちろん↑Amazonです。最近話題のヤマトさんじゃなくて、超久しぶりに佐川さんが配達してくれました、、、久しぶり過ぎて驚いちゃいました。

スポンサーリンク

マキタ 電動草刈り機 MUR1601Nの口コミ

MUR1601Nはナイロンコードだけでなく、軽量小径の金属刃が使えます。

MUR1601N 付属品

初期セットにも金属刃が同梱されていました。他に、10mの電源コード、写真では見にくいですが保護メガネ、肩掛けベルトに諸々を収納できるバッグもついてました。

肩掛けベルトと保護メガネ、電源コードは付いてると思わなかったので嬉しかったです。流石高いだけあります(^o^)v

組み立ては説明書を読み、写真を撮りながらで20分もあればできます。ざっくり言うと

  1. 飛散防止カバーの取付
  2. ハンドルの取付
  3. ナイロンコードカッターの取付
  4. 肩掛けバンドの取付・調節

以上です。超簡単(^o^)v

MUR1601Nで草刈りした感想

MUR1601Nは、家庭用のコンセントに電源コードをさして外に伸ばせばすぐ使えます。燃料を入れたり、紐を引っ張ってエンジン掛けたりしなくていいのが素晴らしく楽です。

重さはエンジン式に比べると圧倒的に軽いです。

数字的には2.1kgですから本当に軽いです。ただ、長くて重心が不安定な上、動かすと振動が加わるので「女性でも楽々」とは私は思いません。

草刈り前

コレが↑家の庭です。春先はこのようにタンポポに覆われます。

ただの芝なら楽なんですが、タンポポをこの量刈るのに「ナイロンコードで大丈夫かな?」と刈る前は不安でした、、、でも、そんな不安は一瞬で解消しました!素晴らしいパワーです。

キレイにバチバチ切れます。この広さで30分ちょっとでした。

草刈り後

コードの取り回し以外は、ストレスなく草刈りが出来ました。肩掛けベルトがあると楽ですね。ナイロンコードは最初に巻かれていた分で足りましたし、一度も出してないので中々丈夫で切れ味が良いです。

エンジン式との比較

これまでは、エンジン式の刈り払い機を借りて草刈りしていましたので、MUR1601Nとエンジン式を比較した感想を紹介します。

MUR1601Nのパワーは充分ありますし、回転数もかなり回ります。そして音はエンジン式と比較にならないくらい静かです。ただ、ONかOFFかのどちらかで、回転数の微調整がほぼできない(ほんの少しは出来る)です。エンジン式だとスロットの握り具合で微調整が出来るので、その点が少し気になりました。

もう1点、私は身長が180cm以上あるので若干短いです。これは長身の人間特有の感想です。

レビューの件数は少ないですが、↑Amazonのレビューも参考になります。

ボッシュ・リョービの電気式の刈り払い機と悩みましたが、マキタを買って正解でした。手持ちだと1時間使うと相当疲れると思います。肩掛けベルト良いですよ(^o^)v

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)