G-SHOCK(ジーショック)電池交換自分でやる方法

G-SHOCK(ジーショック)電池交換自分でやる方法を紹介します。

これまでは、時計屋さんにお願いしていました。スーパーの入り口横にある時計ショップみたいなところで、料金は1,000円~1,500円くらいだったと思います。

G-SHOCK DW-6100

コイツ↑は貰い物で、自分が使い始めて10年余りで2回交換しただけだと思います。品番はDW-6100で発売されたのは1992年6月だそうです。G-SHOCKで初めてセンサーを搭載したモデルなんだとか、、、自分は使ってて気温を意識したことなかったですけどね。

余談はその辺にして、電池交換を自分でやる方法を紹介します。

まず、ボタン電池を用意しましょう。私のG-SHOCKはCR2016というリチウムコイン電池です。私はホームセンターで買って税込み306円でした。パナソニックブランドです(^o^)v

G-SHOCK 電池 ホームセンター

G-SHOCK 電池 百円均一

後日100円均一で見てみたら、2個入りで108円でした、、、。

スポンサーリンク

G-SHOCKの電池交換

まず、G-SHOCK 電池交換に必要な道具がコチラ↓

必要な道具

電池と本体の他に、ピンセットと精密機器用のプラスドライバー(右)に、細いマイナスドライバー(左)です。精密機器用のプラスドライバーは、メガネの丁番のネジを締めるために昔買った物で、細いマイナスドライバーは↓安いドライバーセットの1本です。

ドライバーセット

これが超使えたので良かったです。プラスドライバーも、このセットの物は太かったですがギリギリ使えました。(ネジ頭がナメないように注意しましょう。)

1.裏蓋のネジを外す

1

裏蓋の四隅のネジを外します。

2.裏蓋を外す

2

バンドが裏蓋を押さえているので、バンドをグッと開いて裏蓋を外します。

3.パッキンを外す

3

裏蓋と本体の間に付いているパッキンを外します。

4.電池の抑えを外す

4

この抑えがなかなか外れなくて大変でした。

↓このように、上下の爪が相互に組み合わさってます。

5

あっちを押したりこっちを押したりして15分くらい格闘しましたが外れず「どうしたもんか、、、」と途方に暮れました、、、。

試しに↓マイナスドライバーを中央の穴に挿して、軽くクイッと引いたら簡単に外れました。

6

↓このように抑えが上に上がります。

7

これは力づくで外してはいけないものだと分かりました。

5.電池を外す

8

ピンセットでつかめば簡単に外れます。

9

6.新しい電池を入れる

10

表裏を間違えないように新しい電池を差し込んで、抑えを戻します。

11

ただ、これだけでは時計は動きません。リセットという作業が必要です。

7.リセットする

電池の周りにAC(All Clear)と書いてあるボタンがあります。

12

ただ押すのではなく、電池と同時に触れてショートさせることでリセットされます。

13

ピンセットでACボタンと電池に軽く触れるだけで、時計が動き始めました。

14

8.ムーブメントを戻す

15

ムーブメントをケースに戻す時、回ってしまうので正常な位置を確認しましょう。

9.パッキンを戻す

16

忘れずに3で外したパッキンを元の位置に戻します。

10.裏蓋を閉める

17

元通りに裏蓋を閉めて、電池交換完了です。あとは時刻・日付を合わせて終了です。

写真を撮りながら調べながら初めてG-SHOCKの電池交換をして、かかった時間は45分でした。次回は10分かからずに出来るでしょう。どうぞこの手順を参考にしてください。

もちろん自分で電池交換をする以上、防水性能の担保は出来ません。私のG-SHOCKはOリングタイプのパッキンが伸びてしまっていたし、20気圧防水の性能は絶対に無いと思います。それを承知で電池交換しているので気にしていません。
スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)