電動コーヒーミルのおすすめ!折角買うなら…

電動コーヒーミルを使い始めて、もう5、6年になります。最近では頂き物じゃない限り、挽いてあるレギュラーコーヒーを買う事は皆無になりました。それは『安い豆でも挽きたては旨い!』という事が分かったからです。

ネットで注文後に焙煎してくれるこだわりの店で買っても、挽いてから手元に届くには少なくとも1日はかかります。スーパーの大手メーカーの大袋に関しては、いつ挽かれたものか定かじゃありません。

スポンサーリンク

挽きたてコーヒーは部屋に満ちる香りが違う!

スーパーで買ったレギュラーコーヒーの袋を開けた時、「良い香り~♪」と思うなら、コーヒーミルを使ったら絶対に感動すると思います。挽いてる段階から部屋中にコーヒーの香りが立ち込めます。私は挽き置きせず淹れる前に必ず挽いてます。

挽いて香り、蒸らして香り、ドリップで香り、、、飲む前にお腹いっぱいコーヒーの香りを楽しめます。蒸らして淹れてる時の香りは、挽きたてとそうでないモノとでは全然違います。

コーヒー 蒸らし

それと、これは焙煎してからの時間も大いに関係しますが、新鮮な豆だと蒸らした時の膨張具合が圧倒的です。本当にモコモコモコと音が聞こえるんじゃないか、、、と言うくらい膨らみます。そして香りの広がりも全然違います。

おすすめコーヒーミルは手動より電動です!

手動はポーレックスのセラミックコーヒーミルを持ってますが、引き出しの肥やしになってます。電動で力任せに挽くと熱がどうの…と言いますが、そこの味の違いより手間と時間が優先です。毎回挽く事を考えるとやっぱり電動です。継続することの方が大切です。

私が使ってるのは、カリタ セラミックミル C-90です。

カリタ セラミックミル C-90

コーヒーミルも上を見たらキリがないです。

セラミックミル C-90を買った時に散々悩みましたが、上を見たらキリがないと分かり、↑これに落ち着きました。スグ↓これが欲しくなるかと思いきや、もう4年以上使ってます。

セラミックミルは臼歯式で、微粉が割と少なめで均一に挽けます。上下にセラミックの↓こういう歯が付いていてすり潰す感じです。エスプレッソ用まで細かくは挽けませんが、ドリップに使うなら細挽きから粗挽きまで対応できます。

C-90 臼歯

そして皆さん悩むと思いますが、安いプロペラ式より絶対良いです!プロペラ式は1,000円台から買えますが、均一さが全然違うので折角買うなら私のように臼歯式か、ナイスカットミルのようなカット式や、これも高価ですがボダムなどのグラインダー式が良いと思います。

NC-S35 ミル

と言うのも、私は最初Panasonicのミル付コーヒーメーカー(NC-S35)を買って「完璧だ!」と思ってたんですが、スグに粗さと微粉の多さが気になってC-90を買いました。皆さんも、安価なプロペラ式を買うと、きっと後悔するか使わなくなると思います。

どんなものでもそうですが、完璧じゃなくてもまずまず満足できる落としどころが大事です。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)