眼科でコンタクトレンズの処方箋が貰えない時の対処法

眼科でコンタクトレンズの処方箋が貰えない時の対処法を紹介します。

ネット通販でコンタクトレンズを買おうと思うと、初めてだと「コンタクトレンズの処方箋が必要だ」と私も考えました。

ネットで買ったコンタクトレンズ

コンタクトレンズのネットショップは「処方箋不要」というショップが多いわけですが、それでもネットで買うには視力のデータが必要なわけですから「やっぱり処方箋だよな」という結論に至るわけです。上の写真は最終的にネットで買ったコンタクトレンズです。

スポンサーリンク

眼科はコンタクトレンズの処方箋をくれない

私は十数年前に2WEEKタイプの使い捨てを1度買っただけで、使う度に洗うのが面倒過ぎて2度目は買いませんでした。私は右目の乱視がきつくてその当時1dayタイプが無かったんです。

それが、急に思い立って「そろそろ1dayもあるだろ」と思ってコンタクト購入を決めました。

メガネはあるけど視力のデータが分からないので、眼科で処方箋を貰おうと考えて何度か掛かったことのある眼科に電話しました。すると「処方箋はお出ししてません」と断られてしまいました。

結局5、6軒の眼科に電話しても全部ダメでした。どこも「処方箋は出してなくて、うちで買ってください。でも在庫は無いんで最低2回は来てもらわなきゃいけません」という話です。

最後は「なんでだよ!」と怒りそうになりましたが、怒っても処方箋が貰えるわけじゃないので、電話したうちの1軒の眼科へ行きました。

眼科で1度買えばネットでコンタクトを注文できる

嫌でしたが「眼科で1度買えば、そのデータでネットで注文できる」と考えました。別に処方箋という形式が重要なんじゃなくて、データが分かればいいわけですからね。

一通り検査して、在庫のある近い度数のコンタクトレンズを着けて、先生に診察を受けて↓この値段でした。

医療費領収書

820円なら処方箋書いてもらうよりきっと安いでしょう。

それで両目1箱ずつ注文して注文書を受け取り、コンタクトは後日家に配達してくれることになりました。受け取るために2回目行かなくていいのは良心的です(^―^)

コンタクトレンズ 注文書

コンタクトの値段は両目で6,000円。乱視用のワンデイアキュビューで送料込みでこの価格ならまずまず安いです。意外と良心的な値段で驚いたくらいです。

コンタクトレンズ 領収書

処方箋は手に入りませんでしたが、肝心のデータは手に入ったのでネットで注文も出来ました。皆さんも処方箋にこだわらず、眼科で1度買ってみるのもひとつの方法ですよ。

「沢山買った方が安いですよ」とか言われたら「週に1、2回しか使わないし、初めてなんで続くかわからないから1箱で試してみます」と言っておけば、沢山買わされることも無いでしょう。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)