宇和島の鯛めしはこう食べる!【愛媛】

かどや 鯛めし

愛媛県の南西部 宇和島で有名なグルメと言えば、じゃこ天と鯛めしです。今回は鯛めしの紹介です。鯛めしと聞くと、鯛を炊き込んだご飯をイメージする方が多いかもしれませんが、宇和島の鯛めしは全く違いますよ!

スポンサーリンク

宇和島の鯛めしは、鯛の刺身のせ卵かけごはん!

宇和島 鯛めし

海藻や薬味をもう少し上手にのせて写真を撮ったらよかったんですが、味気ない写真ですいません。鯛めしの食べ方は以下の通りです。

  1. 出汁醤油の入った生たまごをよくかき混ぜます。
  2. 1に鯛の刺身と、海藻・薬味を入れます。
  3. お櫃に入った熱々ごはんを茶碗によそう。
  4. ご飯の上に、たまごに入れた刺身・海藻・薬味をのせる。
  5. 具材の上から、たまごを少しずつかける。
  6. ガガガッと口にかきこむ!

新鮮な鯛の刺身の食感と、海の香り豊かな海藻が、トロッとした生卵と合わさって、絶妙なハーモニーを奏でます。出汁もしっかり効いてたし、本当に美味しかったです。

後で知りましたが、元々は、海賊が火を使えない船の上で、お酒を飲んでた椀を使って、鯛の刺身とご飯に醤油をかけて食べたのが始まりだそうです。

また宇和島へ行ったときには、鯛めしは絶対に食べるでしょう。

かどや 弁天町店

お邪魔したのは、かどや 弁天町店です。宇和島の郷土料理を出すお店で、宇和島に3店舗、松山に2店舗展開しています。

ホームページ>>>宇和島の郷土の味を全国へお届け-かどや本店-

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)