骨付鳥 一鶴(香川)で親鳥を食べた感想

骨付鳥は香川のご当地グルメとして、讃岐うどん程ではありませんが定番人気のメニューです。中でも人気なのが一鶴(いっかく)という骨付鳥専門店で、香川西部の丸亀市で1952年に1号店がオープンし、今では高松・横浜・大阪にも出店しています。

私がよく行くのは屋島店です。高松の中心部から車で20分ほど離れてますが、行きやすい場所で駐車場も沢山あって店も広いので好きです。

スポンサーリンク

強い歯ごたえと濃い旨味!親鳥が絶品です!

私は香川以外で親鳥を食べたことがありません。香川から県外に引っ越してから無性に食べたくなるのが、この親鳥と讃岐うどんだったりします。

ハッキリ言って硬いです。おやどりを食べると、普段食べ慣れてる鶏肉がどれだけ軟らかく、顎を甘やかしてたのかが分かります。香川弁で言うところのこわい肉ですが、噛めば噛むほど旨味があふれてきて超美味しいです!

骨付鳥 おやどり

いつも、最初におやどりとひなどりを2:1の比率で頼んで、おかわりは親鳥だけってのが僕らのパターンです。最初におやひなを食べ比べて、顔を見合わせて「やっぱりおやだね~。」と、親鳥の完勝を悟ります。↓こっちがひなどりです。

骨付鳥 ひなどり

一鶴は骨付き鳥以外のメニューも鳥三昧

一鶴 おや天

↑こちらがおや天で、練り物の中に、親鳥が沢山入ってます。コレが旨いです。おや天をつまみながら、骨付き鳥が焼き上がってくるのを待ちましょう。とりめしも相当旨いです。

骨付鳥は、かなり濃いめのスパイスを振ってオーブンで焼かれているので、辛いと思う方もいると思います。「薄味で」って注文も受けてくれるので試してみて下さい。

一鶴 屋島店

一鶴 屋島店鳥料理 / 琴電屋島駅古高松駅屋島駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)