飛び出す しかけ絵本 人気よりコスパで選びました

飛び出す しかけ絵本は、もうすぐ3歳になる娘に買い与える上で、「どうせすぐ破ってダメにするだろう」という思いから敬遠してました。人気のしかけ絵本は安くて1,500円~で、高いモノは4,000円近くします。そんなのを買い与えるつもりは毛頭ありません。

すごく喜ぶのは分かってて、その価格と壊れるであろう早さで躊躇してました。

昨日見つけた『とびだす!うごく!』シリーズは、その点コスパが群を抜いてます。このクオリティで税込566円は感動的な安さです。コンプリートしたくなりました。

スポンサーリンク

見た目は小さいけど、実力はお値段以上です♪

大きさは縦8cm 横9cmの豆本サイズです。しかけが隠れているので、厚さはギュッとしても2cm近くあります。絵はリアルさよりもキャッチーな可愛さ優先のイラストです。

失礼ですが、↓こう見ただけではその実力の片鱗は感じられません。

とびだす!うごく!すいぞくかん

開いてビックリ!紛れもないしかけ絵本でした。

シンプルですが、グワッと飛び出てくる立体感と開き易さは秀逸です。厚手の紙を使っているし、割と丈夫そうな感じがしました。開く角度で魚が動くように見えるのに、大の大人が「お~!」と呟いてしまいました。

じんべいざめ

ペンギンの氷の山が立ち上がる感じも素晴らしいです。全ページじゃないですが、指先で動かせる仕掛けも隠れています。よくこれを500円台で作りますね。

ぺんぎん

じんべいざめ・ペンギンの他に、らっこ・くまのみ・しゃち・あしか・うつぼ・熱帯魚の全8ページです。読むところなんてほとんどないのに、コレを買ってから「読んで読んでぇ~」とこればっかり持ってきます。

熱帯魚

てのひらしかけえほんシリーズは小学館から全15種類出てます!

  • れっしゃ
  • きょうりゅう
  • ぼくじょう
  • サーカス
  • すいぞくかん
  • こうえん
  • どうぶつえん
  • たべもの
  • はなとき
  • うみのいきもの
  • たまごから ばあ
  • いないいないばあ
  • むし
  • のりもの
  • どうぶつ

昨日の本屋さんには、8種類しかありませんでした。私が気になるのは、たまごから ばあサーカスです。うみのいきものも気になります。Amazonでコンプリートしちゃおうかな。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)