WiMAXを解約し格安SIM テザリングにした理由

先日、WiMAXを解約してきました。2年前 2013年7月末に契約したau版のHWD13という端末です。地方に行くとWiAMXエリア外も多かったので、auの3G通信もできる端末を選びました。端末代は契約時に一括で支払って、月々3,322円でした。

HWD13

スポンサーリンク

WiMAXの解約理由【無制限である必要が無くなった】

WiMAXを契約した時は、「高速通信で速度制限なし(=無制限)はWiMAXだけ!」というメリットにビビッときて契約しました。自分の月々の通信量も考えずにです、、、。

一度契約すると、2年縛りがあるので解約するのに15,000円くらいの違約金がかかります。スグに「無制限である必要ないよね」と気づけば良かったんですが、気付いた時は、既に月々の料金を払った方が違約金より安いという時期でした。

どれだけ無駄金を払ってたか、、、相当後悔しました。

実は私、、、月々1GBもモバイル通信してなかったんです。無制限なんて私にとって無用の長物以外の何ものでもなかったです。気付いたのが遅すぎました。

格安SIMは、音声通話付き以外は【最低利用期間なし】が多い

そこで、今のNifMoのSMS機能付き3GBプランを採用しました。

ポイントは以下の4点です。

  1. 最低利用期間の設定が無い
  2. docomoのLTEエリアは広くて速い
  3. 毎月プランを変更できる
  4. スマホが持てる

WiMAXで2年縛りの鬱陶しさを痛感したので、最低利用期間の無いのはすごく良いです。また、沢山使う月は予め10GBにプラン変更しておけば、無駄がありません。普段3GBプランでも繰り越しで実質6GB/月まで使えますから、容量を気にする必要はないです。

NifMoの繰り越しシステムに関してはココに書きました↓

iPhone6をNifMo(格安SIM)で1ヶ月使った感想
iPhone6のdocomo版 白ロムをヤフオクで購入し、格安SIMのNifMoのSMS機能付きSIMで運用しています。早く...

SIMフリーや白ロムを手に入れる方法

あと問題なのが、スマホをどう手に入れるかです。割高なのは承知で、iPhone6の新品未使用の白ロムをヤフオクで落としました。ここに関しては、仕事上の理由があるので、BESTな選択かどうかは自己判断してください。

↑NifMoなら、2年縛りは付いちゃいますが、機器セット割でスマホセットがめちゃくちゃお得です。今ならキャッシュバックもありますし、、、。

最近、ハードオフとかGEOでも気軽に中古のスマホが手に入りますが、docomoの白ロムは、Androidだとroot化とかしないとテザリングできないようです。そんな中、iPhone6・6 PlusやiOS8にアップデートしたiPhone5s・5cはテザリング出来るという情報を発見しiPhone6にしました。

そういうのを調べるのが面倒な方は、スマホセットで格安SIMを始めるのがBESTだと思います。

いずれにせよ、WiMAXの頃より大幅に月々の利用料を節約できたので大満足です。WiMAXの解約を考えてる方は、参考にしてください。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)