iPhone6は白ロムが安い!でも注意は必要!

iPhone6を買いました、、、docomoの白ロム 新品未使用品です。docomoの正規品、アップルストアのSIMフリー、白ロムの三択でしたが、結局一番安い白ロムにしました。

iPhone6 docomo 白ロム

2015年6月現在のそれぞれの価格は以下の通りです。(iPhone6 16GB)

  • docomo 正規品:73,872円
  • アップルストア SIMフリー:93,744円
  • 未使用 白ロム:60,000円~75,000円

白ロムの流通価格の変動は激しいので、今は安いと6万円程度で買えますが、今後どう変動するか分かりません。2015年9月にはiPhone 6s/6s plusが発売される見込みですし、どう変動するんでしょうね?私は欲しい時が買い時だと思って買いました。6万円弱でゴールドです。

関連ページ iPhone6にDMM mobile 格安SIMを使った感想

iPhoneSEはSIMフリー+格安SIMがお得?ドコモ・auとの比較
iPhoneSEは、アップルストアが販売するSIMフリーと各キャリアの販売する価格が、これまでのiPhoneと違ってSIMフ...
スポンサーリンク

iPhone6 白ロムはどこで買えるの?注意点は?

私はヤフオクで買いました。他にもAmazonのマーケットプレイス、楽天ショップでも販売されています。新品未使用といっても、基本的に中古品=誰かが一度手にしたモノです。

簡単に言えば、誰かがdocomoショップで購入したモノを、そのまま転売してるのが白ロムです。ですから、定価はそもそもありませんし、相場も有って無いようなものです。

注意しなきゃいけないのが以下の3点です。

  1. docomoのネットワーク制限の有無
  2. アップルのアクティベーションロックが掛ってるか否か
  3. アップルの修理の保証期間(購入から1年)が残っているか

docomoのネットワーク制限は、前所有者が端末の支払を滞らせていたり、不正に入手されたもの、補償サービスで引き取り対象になった端末に掛けられる制限で、ネットワーク制限掛けられていると通信できません。製造番号(IMEI)から以下のページで確認できます。

http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

アクティベーションロックは、iOS7から導入された【iPhoneを探す】機能で、デバイス紛失時に第三者に使用されることを防ぐために、ロックがかかっていると使えなくなります。これも製造番号(IMEI)から以下のページで確認できます。

https://www.icloud.com/activationlock/

アップルの修理保証に関しては、どんな商品にもついてるメーカー1年保証が残っているか否かです。アップルのサポートページから製造番号(IMEI)で確認できます。

https://selfsolve.apple.com/agreementWarrantyDynamic.do

全て、製造番号(IMEI)が必要なので、販売ページで製造番号を公開していないと調べられませんので話になりません。購入前に販売者に聞くか、公開している商品を選びましょう。

安い=面倒は付き物で自己責任が基本です。

白ロムが、docomoの正規品やアップルストアのSIMフリー端末より安いのは、サポートが受けにくいという点も含まれています。ですから、問題が起きた時は自分で調べて解決しなきゃいけません。以下のページも参考にしてください。

iPhoneを格安SIMで使いたい!購入前の注意点
iPhoneを格安SIMで使う!購入前の注意点②

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)