iPhoneを格安SIMで使って通信費を節約しよう

「iPhoneで格安SIMが使えればいいのにな~」と思ってる方は多いでしょう。いい加減キャリアの通信費の高さに付き合いきれないんじゃないでしょうか?

docomoの場合、カケホーダイプランと5GBのデータ通信パックで8,640円/月です。これに端末の分割支払いが入るとあっという間に1万円近くなります。それを格安SIMで運用すれば、サービスにもよりますが音声通話機能付きで月々2,000円弱です。

それに20円/30秒の通話料が通話した分だけ加算されます。30分通話しても1,200円で合計3,200円/月です。docomoとの差は1ヶ月5,440円で1年にすると65,280円です。

多少面倒ですが、格安SIMでiPhoneの通信費を節約してみませんか?

スポンサーリンク

SIMフリーかdocomo版 iPhone 6/6 plusをGET!

今、docomo版のiPhone 6/6 plusを使ってる方は、そのままdocomo系の格安SIMに乗り換えられます。au版だと現状はau系の格安SIMがiOS8.0に対応していませんので使えません。ソフトバンク版は、そもそも系列のMVNOがありませんので使えません。

iphone6 イメージ

ですから、今iPhoneを持ってない人や、au・ソフトバンクを使ってる人は、SIMフリー版かdocomo版の白ロムを買うのがiPhone 6/6 plusを手に入れましょう。iPhone5sをiOS8にアップデートするのもアリです。(iOS8だとテザリングが使えます。)

海外でも使うならSIMフリー・国内専門なら白ロムでOK

SIMフリー版はアップルストアで買えます。Amazonのマーケットプレイスやヤフオクにも沢山出品されています。が、正直言って高いです。SIMフリーを買うメリットは、海外でも現地のSIMを入れて使えるという点だけだと思います。

海外旅行 イメージ

国内で使うなら正直SIMフリー版である必要は無いと思います。ちなみにiPhone6 16GBでアップルストアで86,800円です。

それが白ロムだと65,000円程度で新品未使用品が買えます。そうです、上で紹介した1年で節約できる通信費分で、白ロムのiPhone6が買えてしまうんです!

今の価格をチェック>>>iPhone6 docomo 白ロム

iPhone 6s/6s plusの発売後どうなるかが気になる

20115年9月にはiPhone 6s/6s plusもしくは、iPhone 7が発売される見込みですから、そこをどう判断するかですね。ストレージが一番小さいモデルでも6万円台で買えることは絶対無いと思います。

それにキャリアがSIMロック解除に応じるか否か、応じるとしても現行の180日後でしょう。また、アップルストアでSIMフリー版が同時に販売されるか否かも気になります。6sが発売されてからの方が白ロムが安くなるのか、逆に値上がりするのか分かりません。

2014年3月のように3キャリアがMNPで実弾合戦(=キャッシュバックの高額化)する可能性は低いでしょう。でも、発売早々にMNPの特典付でiPhone 6s/6sを一括で買い、速攻で買取店に持ち込んで、その差額でSIMフリー版のiPhone 6や白ロムを買うという手もあります。

こういう点が気になる方は、秋以降まで待ってても良いかもしれません。白ロムの価格は非常に流動的なんで、今が底値という可能性も、、、。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)