DAC-HA200のレビュー Androidスマホ繋いだ場合

DAC-HA200はポータブルアンプで人気の商品です。私はオーディオマニアでも何でもないので、レビューなんておこがましいんですが、Androidスマホに繋いでる人のレビューが少なかったのでここで紹介します。

ONKYO DAC-HA200

DAC-HA200はONKYOという日本の音響機器メーカーの商品です。

DAC内蔵ポータブルアンプは他にも沢山ありますが、5万とか10万のビックリする額の商品も少なくないです。そんな中で実売価格が20,000円前後という比較的程よい(?)値段だったし、レビューの評価も上々だったので買いました。

ただ、「iPhoneでハイレゾ音源を聴くため」に使ってる人が多くて、Androidスマホに使ってる人は少数派な感じでした。しかもAndroidに繋ぐと「接続や充電などで思い通りに使えていない」というレビューもいくつかありました。

そこで私はこうやって使っているという実例を紹介します。

スポンサーリンク

DAC-HA200をAndroidと接続すると起きる不具合

DAC-HA200とAndroidスマホを接続すると、スマホからDAC-HA200に充電されるか、DAC-HA200からスマホに充電されるかどちらかが起きてしまいます。

DAC内蔵ポータブルアンプなのに、どちらかがどちらかに給電・充電していてはバッテリーが無くなって使えなくなります。家で座って使う分には付属のACアダプターでDAC-HA200を充電しながら使えばバッテリー問題は解決できるんですが、立ち歩いて聴くことができません。

どういう接続状況で充電の不具合が起きたのかを紹介します。

※私はXperia X compact(SIMフリー版)を使っています。全てのAndroidスマホで同じ現象が起きるとは限りませんので注意してください。

スマホからDAC-HA200に充電されるケース

Xperia X compactはUSB Type-CなのでOTG対応変換アダプタを使っています。

DAC-HA200 B-B接続

両端がmicroUSBオスのOTGケーブルで接続すると、↓このようにポタアンが充電されます。

充電

この場合みるみるスマホのバッテリーが減っていきます。

DAC-HA200からスマホに充電されるケース

DAC-HA200 A-B接続

Type-A⇔microUSBのOTGケーブルで、ポタアン側にType-A・スマホにmicroUSBで接続すると、スマホがポタアンから充電されます。

しかもこの接続の場合、デジタル出力はされますが、HP Playerの機能のアンロックがされませんから、ハイレゾ出力・アップサンプリングが機能しません。

双方が充電・給電しなかったケース

上手くいったのは↓この接続方法です。

DAC-HA200 Xperia X compact

エレコムの↑このType-A⇔microUSB オーディオ接続ケーブルを使いました。

スマホ側に↑このType-C⇔Type-A変換アダプタを挿してType-Aを挿し、ポタアン側をmicroUSBで接続した方法です。この時、ケーブルのType-A端子に給電を止める細工をしました。

細工というのはケーブルのType-A端子の右端の端子に細く切ったセロテープを貼って給電させない加工です。ホントに普通のセロテープを細切りにして貼っただけです。

これをすることで、ポタアンにスマホから給電されることが無くなりました。↓赤のCHARGEランプが点きません。

充電されない

尚且つ、接続するとHP Playerが反応してくれて、

HP Player 接続1

機能がアンロックされます。

HP Player 接続2

ここにたどり着くまで、相当色々やりました。どなたかの参考になれば幸いです。

ちなみに、DAC-HA200のType-Aの方に、加工を施したケーブルを挿して、スマホ側にmicroUSBで繋ぐと認識すらしませんでした。DAC-HA200の接続方法をググってると、この方法で使ってる方もいるようですが私はダメでした。

ですから「この方法でやったのにダメだっじゃねーか!?」というクレームは受け付けません。ご自分の判断でやって下さい。

DAC-HA200 Android 接続

長くなったので、音質のレビューはまた後日書かせてもらいます。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)