PENTAX MACRO 100mmF2.8が素晴らしい

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRは、K-3を買ってからマクロレンズの購入を考えた時、35mmのLimited・50mmとこの100mmで散々迷った末、100mmに決めました。

35mmは手持ちのFA31mm Limitedと画角が被るし、50mmは半端だな~、と思ったからです。それに、追々マクロで草花や昆虫などの動体を撮ってみたいと思ってて、50mmより100mmの方が少し離れて三脚を設置できると考えたからです。

スポンサーリンク

Limitedレンズじゃないがアルミボディで高級感◎

smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WR

フードはプラスチックですが、ボディはアルミ削り出しでLimitedレンズの外観に近く、高級感があってGoodです。フードを収納すれば長さ8cm程度になるし、望遠マクロレンズとしてはとてもコンパクトです。いくら良いレンズでも、持ち歩けなかったら意味ないですからね。

フォーカスで鏡胴が伸びるんですが、純正フードの中で納まります。これは非常によく考えられてると思いました。スタイリッシュで好きです。

PENTAX MACRO 100mm フード

PENTAX MACRO 100mmで雪の結晶を撮ってみた

マクロレンズがどうしても欲しかった理由が、雪の結晶を撮ってみたかったからです。ちょっとRAW現像で補正していますが、こんなにキレイに撮れて大満足です。

PENTAX MACRO 100mm 雪の結晶

万年筆のペン先もピクセル等倍まで拡大すると、ペン先の開きまで確認できます。ちなみにこれは、PILOTのカスタムヘリテイジ92のFM(中細)です。背から下に向かって微妙に広がってるんですね。

PENTAX MACRO 100mm 万年筆 ペン先

マクロレンズを買って、撮影してみて思いましたが、マクロにはケーブルスイッチが必須です。三脚でも手でシャッターを押すだけで盛大にブレますからね。

望遠レンズとしても人物を撮ったりしていますが、開放でもピントが合ってる部分はシャープな描写で、望遠レンズらしい浅い被写界深度でソフトなボケが楽しめます。FA31mm Limitedでは撮れないポートレートが楽しめます。

マクロ撮影が出来るようになると、写真の幅が増えてとても楽しいです!

PENTAXのマクロ 100mmF2.8 WR 作例写真
PENTAXのマクロレンズ smc PENTAX-D FA MACRO 100mmF2.8 WRの作例写真撮影を最近頑張って...
スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)