iPhone6のカメラがあればデジカメが必要ない?

iPhone6のカメラは性能が良いと評判です。では、iPhone6があればデジカメは必要ないのでしょうか?デジ一(PENTAX K-3)を常に持ち歩く者として検証してみます。

「えっ?コンデジじゃなくてデジ一かい!?」ってツッコミはナシで、、、。

iPhone6 PENTAX K-3 比較

スポンサーリンク

確かにiPhone6のカメラは非常に性能が良い、、、でも

今回、らぁめん とん平のラーメンと、風景をiPhone6とPENTAX K-3で撮り比べてみました。

カメラの基本性能は以下の通りです。

大きさ 焦点距離(35mm換算) イメージセンサーサイズ
iPhone6 3264×2448ピクセル 29mm 1/2.6型
≒6.0×3.4mm
PENTAX K-3 3072×2048ピクセル 31mm APS-C
≒23.5mm×15.6mm

K-3はもっと大きな画像サイズで撮れますが、私が普段使ってるサイズで撮りました。画像の大きさだけで比較するとiPhone6の方が大きいですが、センサーサイズが全然違うのが分かると思います。実際の写真の出来は、、、

iPhone6 vs デジ一 カメラ比較【ラーメン編】

▼iPhone6
らーめん(iPhone6)

▼PENTAX K-3
らーめん(デジ一)

ボケ味の差も有りますが、やっぱりデジ一の方が美味しそうに写ってますね。右下のピクセル等倍のアップを見比べると分かりやすいですが、光の反射具合の描写が全然違います。そのせいか、iPhone6の写真はのっぺりした印象になってます。

iPhone6 vs デジ一 カメラ比較【風景編】

▼iPhone6
風景(iPhone6)

▼PENTAX K-3
風景(デジ一)

風景の場合、青空の色合いはiPhone6の方がグラデーションが付いててパッと見キレイに見えます。でも実際の見え方はデジ一の方が近いです。ちょっと極端な色付けしてる感じがします。それと、少し逆光気味だったので林や畑の緑がiPhone6の方は潰れてしまっています。

iPhone6 vs デジ一 カメラ比較【まとめ】

iPhone6で撮った写真の方だけを見てればキレイだと思いますが、やはり見比べるとデジ一の圧勝です。上のスペック表でも分かりますが、センサーサイズが圧倒的に違います。面積で比較すると約18倍もデジ一の方が大きいです。

それだけ光が当たる面積が大きいワケですから、大きいセンサーから受けとる情報量にも大きな差があります。一概にセンサーの差だけでは有りませんが、出来上がる写真の差は大きいです。

ですから私はやっぱりデカくて重くてもデジ一を持ち歩くと思います。でも、iPhone6のカメラで十分なシチュエーションも多いし、デジ一とiPhone6を使い分けられれば、楽しい写真Lifeが送れそうです。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)