一眼レフ ミニ三脚 激安でも使い勝手抜群でした。

一眼レフだとミニ三脚もポケットサイズというわけにはいきません。私もコンデジ用の小さな三脚はあるんですが、どう考えても一眼(PENTAX K-3)では使えません。かと言って、フルサイズのを持ち歩くのも煩わしいし、、、と思ってミニ三脚を買いました。

スポンサーリンク

VANGUARD VS-82とSLIK U2000の比較

元々持ってたのが、SLIK U2000という15年ほど前にフィルムの一眼のPENTAX MZ-7を買った時に付いてきた三脚です。そう簡単に壊れるものでもないので、現役バリバリです。

ミニ三脚 比較

写真下側が、今回買ったVANGUARD VS-82です。U2000と比較すると半分よりもっと小さいです。ポケットサイズには程遠いですが、500mlのペットボトルを二回りくらい大きくしたサイズなので、持ち歩けるサイズです。

重い一眼(K-3)でもグラグラしない安定感!

一眼低くして雲台の高さが19cm、首を伸ばすと24cm、さらに足を1段伸ばすと26cmになりました。脚がペタッと広がるので安定感もバッチリです。K-3は割と重めなデジタル一眼ですがしっかり支えてくれます。

VANGUARD 三脚 VS-82

↓庭のハーブの花を撮影してみました。レンズはPENTAX MACRO 100mmF2.8です。

ミニ三脚+一眼(K-3)

↓花に引っかかったタンポポの綿毛までビシッと写りました。この時、西風7.5mの強風が吹いていたので、風が無かったらもっとシャープに解像してたと思います。やっぱりマクロ撮影には三脚が必須ですね。

IMGL3373_raw

マクロ撮影だけでなく、ミニ三脚があれば記念写真や自撮りも一眼クオリティで楽しめます!

スマホ全盛のご時世、あえてくそデカくて重いデジ一と三脚を持ち歩くのも一興かと、、、。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)